坐骨神経痛どう塩炒め艾葉緩和カルシウム坐骨神経痛

艾葉煎液に皮癬真菌の抗菌作用が最も弱い(黄連、コガネヤナギなど煎液と比較して),15 %濃度に薄紫色毛糸状菌を抑え,カルシウム、始めは、30%の濃度に絮状以外の表皮糸状菌、足足底毛水虫菌やカンジダ白い依然として発育のほか、その他を许兰氏黄癬菌、许兰氏黄癬菌モンゴル変種や犬山胞子水虫菌,同心性糸状菌、赤い毛毛水虫菌、鉄錆色毛水虫菌、スミレ色毛糸状菌などは全て停止発育.

緩和坐骨神経痛の民間の処方:

を食用塩(塩繰り返し使える)いち斤、炒め熱後加艾葉いち2、布袋いいつけますから塩を涼しく、1日1回、连用じゅう~じゅうご日.

江蘇省

療法研究センター副主任漢方医夏公旭コメント:

坐骨神経痛の発症原因:多くの靑少年を患って座骨神経痛、日常生活や仕事のために長期の不良姿勢も招いて、だから姿勢性坐骨神経痛、高齢者の普通は腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛.もしから寒風と寒気の邪による椎間板ヘルニアを誘発して座骨神経痛、上のこの民間の処方を提供する確かに効果がある.塩から炒めと艾葉塗布が温通経絡の効果.

が、坐骨神経痛は病気で、ただ多くの病気の症状.その他の疾患の背骨が結核、クモ膜炎、関節炎やらかって腸骨骨骨盤内腫瘍神経が圧迫さも引き起こす可能坐骨神経痛.これらの原因の坐骨神経痛も適用上述の民間の処方をお勧めして民間の処方の前にまず病院まで明確診断、対症治療に誤治誤診.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です