眠カルシウムれないでどうする漢方刮痧法を緩和して眠れない

不眠はみんながよく見られる現象で、今仕事が圧力が大きくて、人々は焦慮することが多くて、夜はいつもいくつか事の事による眠れない.このような現象に対して、あなたは良い解決方法がありましたか?今日小編集は不眠の方法を解決して、下に小さい編の具体的な紹介を見ることを見ます.

漢方刮痧法

を緩和して眠れない

漢方医が眠れないのは臓腑の機能は週期不安定で、血液の循環が乱れて,カルシウム、陰陽の乱れ、獲得不能の正常な睡眠の病証、轻者寝やすい重症や困難に夜中に驚いて目を覚まして、一晩中もなかなか寝伴って頭痛,めまい、疑い、忘れて、多い夢など.利用刮痧法を緩和することができます不眠症、ご安心して寝ている.この節紹介漢方刮痧法緩和不眠の3種類の方法及びどう取穴などのポイント.

肝郁化火

を穴:四神聡穴、行間穴,足竅ご、風池穴、神門の穴.

p>がふき<まず頭揉ん順:四神聡穴、そして吹く風池穴は後頭部、腕が神門の穴、最後に吹いて足バック行間穴から足をご竅.

p>が<ふき方法:泻法.

治療方义:四神聡穴穴寧神局部を安心、行間穴平肝逆上をとる、足竅陰降胆穴を除いて火を煩わして、まばらに調肝胆を風池穴まで頭痛めまい、神門穴寧安心神.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です