カルシウムの種類とカルシウムの多い食品

カルシウムはその99%までが、骨や歯の中に含まれていて、これらの硬組織を形造っています。残りの1%も血液の凝固作用の促進や、心筋収縮力の増、内分泌腺の分泌の円滑化、神経や筋肉の興奮性を、適当に保つなど大変な役目をもっています。カルシウムは、ビタミンDやリンなどの助けをかりて骨の主成分となります。

カルシウムの種類

乳酸カルシウム(にゅうさんカルシウム)

これは人工的に作られたカルシウムで、水に溶けやすくなっています。主にスポーツ飲料などに多く含まれています。食用品はではベーキングパウダーの原料になるほかに虫歯予防の食品などにも添加されています。他にもカットフルーツなどの食品維持や、味を抑えるために添加されていることもあります。
クエン酸カルシウム

名前の通りクエン酸と結合させたカルシウムで、高齢者や胃液の分泌が少ない人に適していると言われております。カルシウム強化のために主に使用されており、食品製造の際に助剤としても使われています。
炭酸カルシウム(たんさんカルシウム)

炭酸カルシウムは自然界のなかに主にあり、貝塚やサンゴなどに含まれているカルシウムです。天然素材で入手しやすいため、サプリメントに多く使われています。

カルシウムの多い食品
牛乳をはじめとする乳製品はカルシウム源としてもっとも効率がよく、豆腐や納豆などの大豆製品、骨ごと食べられる小魚、ひじき・わかめ・のりなどの海草類、小松菜やちんげん菜などの緑黄野菜も優れています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です