動功は腎臓、カルシウム頭はもっと霊光

田エンロン腎臓病の治療経験豊富でも出名の敏感中医は、毎週だけ見てじゅう診、その他の時間を用いて読書、Wii、歩いて、水泳、山登りと浮潜.

彼は笑って言います、動くより構想ほどはっきり見て分からないで、以前の古書なら繰り返し推敲のところに、今になって」全理解したのは、たとえば任督二脈突然貫通するため、長年の願いを完成し,漢方医の教科書が出版された『神農本草経義理を探るなら》と《チフス義理を探るなら』論.

しかし6年前、彼の生活はそうではなかっ.当時の田に勤め公立病院受診を見て、よく夜中に来るたびに、「司会読書会、もう夜中に少し、読書会メンバーの漢方医の記憶によれば、当時の先生はまた忙しくて圧力は大きいし、全然ない気持ちはこれらの活動.

そして、その後田エンロンが自ら開業し、自分が思った生活を選択したことがあった.今、彼はいつでもどこでも仕事を練習する.

たとえばながら受診しながら腹式呼吸(方法は鼻を深く吸って,腹部ガスドラム感じに上がって、それからゆっくりと息を吐き鼻、腹腔の空気を全部押し出し想像できて、この時の腹部は緊縮)、あるいは演説は腹部からの丹田発音で,カルシウム、これらはすべて最も簡単な腎臓を補って動作.

受診感じで疲れたときには、安然を合間、立ち上がって簡単な手操約じゅう分前後に振られ、ひゃくの下、最後までは振られし自然な体が動いて、推薦の手彼はとても良い強い腎臓運動.

毎回苦言病人運動で、多くの人はいつも文句運動難しい、回男性高階主管甚だしきに至っては怒って!」私の病院に行って、医者も言われ、私は動こうとしないがあなたを探して薬をつける!

薬の薬の効果がないと、自分で運動して、運動をしたことがありません.

運動は最高に汗を流し、あえぎない、一番重要なのは、今からして!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です