香港語:吃カルシウム音と左利き

どもりの人は歌を歌うことができない、著述は、人と一緒に朗読しても吃音ことはできないと思って、彼はとても熟知している文字時(例えば、国民の革命……)は、左脳が活発に活躍するが、彼らは右脳が活発で活躍、見た目が違う、脳内活動の地区は依然として同様だと説明した.

本当にとても面白く、代表して彼らは実は右脳の主な人でする人です.私は多くの左利きが親にされていると、右手には、吃音の現象が発生することがあります、

これは、左利きの右脳は、主に主な役割の脳が、硬く、干渉作用、行為上の偏差が生じている.この問題は多くの両親、心理学者は繰り返し強調していない証拠は、左手に何がよくない,多くの父

母は依然として堅持して

子供の手を改め、この堅持した結果、光は親子の摩擦による(子供がご飯すら端トイレを食べに行くだけだから、トイレで彼は逃避できる母監視の目)、重さは学習障害のために提起され、筆をそそるの用心棒思い出になるオフィス読書1件、恐怖のこと嫌い.

怖いと恐れて恐れている恐怖

私は両親には、伝統文化の習慣の力、親は,カルシウム、みんなが右手だと言っても、彼一人は左手で、異なっている、だから、必ず改めて.実はこの異分子は容認できない(自分とは違う人)が進化する行為だ.私たちは動物にも見え、珍.グードは報告して言っただけチンパンジー小児麻痺、病気になった数日後、引きずり不完全な体がチンパンジーの群れの中で、みんなが彼の大难不死思いがけないばかりでなく、喜びはむしろ敵視するので、彼の後に肢動かなくて、行為のようにたが、そのうち、一匹のチンパンジーまずねじ込み、他のどっと押し寄せ、から袋叩き.」人間の変遷の過程の中で、家族単位で、凡是われわれとは同類ではないも、きっと皆殺しにする.人はグループの中でも非常に強いと団体一緻の心理状態、いったんと団体からにや行為に一緻しない時,彼は划成外人は、「彼らは「私たち」で、これも靑少年の行為はどんなに怪異さえあれば、何人かが登高ふっ、とすぐに流行し、私たちも恐れの真ん中を彼ら、小さい枠のほかに排斥.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です