「値上げ風には値上げ風として、カルシウム洋館にしては」

粉ミルクを握る中国市場で決定権洋粉ミルク、しきりに発起値上げ風.ネスレ部分成人粉ミルクと液体乳製品は8月1日から価格を引き上げ、平均利益は5 %前後.この会社で今年内の第二次値上げ.その一方、記者は昨日広州部の一部売り場から、アボット赤ちゃんには10 %の10 %を引き上げ、今月もついに端末で実現.ネスレ中国会社から、同社の一部の粉ミルクと液体の乳価格は8月1日から調整、平均増幅は5 %を下回って.しかし今回の値上げをする、乳児用ミルク.ネスレ中国今年以来の第二次値上げ.ネスレ解釈、過去一年原材料やエネルギーコストはすでに著しい上昇、原料乳の価格が上昇した30 %以上、ネスレは最大限に下げたコストの成長とともに、ネスレもできるだけ値上げ時間遅れた.調査によると,カルシウム、今年以来,国内の複数のブランドの乳児用粉ミルクが輪輪の値上げは、春節前後、ミードジョンソン、澳优、ネスレ粉ミルク値上げ;4 – 5月雅士利、紫苑粉ミルク値上げ;現在ネスレは、アボット再値上げ.現在の国内市場では、粉ミルクの価格変動が頻繁になり、広東省物価局価格モニタリングセンターは今月初め、広州市場に対しての粉ミルクを調査.このセンターは,政府の価格主管部門では、粉ミルクの価格の監視、乳児用粉ミルクと液体の乳を、通常の価格のモニタリングディレクトリに入れて.インタビューでは、多くの乳会社は、国内外乳源、砂糖などの原材料の価格が高くなり、生産コストが増加し、消費者にも伝わり.この言い方も税関から証明されて.記者は昨日分かった健康情報によると、深センの税関のデータによると、今年のいち—ご月を経て、深センの港の輸入乳製品、2187トンで、前年同期比11%減少し、総価値392.8万ドルを大幅に増加51.3%;輸入価格は平均1トン当たり1796ドル、70%増加.業界関係者によると、上記のデータから見れば、わが国の乳業市場は乳製品の輸入に依存はますます大きくなって、外資係の乳製品は拡大してその国内市場でのシェアは、同時にもだんだん強くなってたその価格の発言権.統計によると、中国のハイエンド乳幼児用粉ミルク市場では、ミードジョンソン、アボット、恵氏、多美滋4大洋ブランドは70%のシェアを占めて.既存市場優勢によって、洋一は国産粉ミルクのブランドに引き続き、国産粉ミルクのブランドが継続され、中国の乳製品企業の市場競争力が厳しい試練に直面しているということですが.業界筋が心配そうに言う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です