私は、カルシウム私を歩いて行く

作者:陆子

は、いくつかの未明の夜、夜、思い出は頭の中には無力だと思います.

私は自分の生活の

の主役、私は自分が出演した映画監督、役者の一生の演繹.

悩みのない生活は生活に数奇ない人生は人生を言わない.

最初の最初、最後の最後、彼らも緑の淡紅に過ぎないんだけど.

pたまたま見た言葉は、とても薄い言葉に見えても、それが重いと感じて、息が止まるような感じがする.

君と少年は世界の私を知らない.

私はこんこん紅塵この歌の時、心の中はいつもいつもわからないで、そんなに迫力がある.いつか,カルシウム、いつかと同じように息が息を感じ、その感じはしたく、いつも手に握っている砂と同じ、力による流失のが早い.

pは、長ネギの歳月の流失の感じはそうです.

雨に濡れ,自分を濡らし,そして自分に溶け込んで.

少年の頃は気持ちはいつもそうですが

は図説図説図説:私は行きましょう..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です