元カルシウム宵節

李文旺

元宵、砂糖黍、砂糖黍、これは実家には知れ渡っている俗語だ.正直に言うと、実家た元宵他とちょっと違うこと、元宵団子を食べ、鄱陽湖辺の人々はきっとこのルールを守って、一部の人に食べて、大多数の人は実はお団子を食べる.しかし、この習慣はサトウキビ元宵を食べようが濃くて、実家のもう一つの習慣のように――――――すべての端午節に漕ぎ竜船.実家人漕ぎ竜船ほど気違いのように至って、漕ぎ竜船で組織の中でいくつかの問題は四、五年、漕い竜船人が思いがけない原因で水死したが、しかし,これは人々を漕ぎ竜船の情熱を遮る.漕ぎ竜船の情熱の高ぶりな.

しかし、元宵を食べてサトウキビの習慣は端午の風習も漕ぎ竜船恒久、さらに普遍.どうしてみんなし元宵を食べるのが好きという人老辈サトウキビ、サトウキビを示している、元宵を食べ一年の生活は甘い.有人問、以上は良い幸運を求めて、どうして正月初一サトウキビを食べないですか?私たちの実家人の解釈は:正月に元宵節になって、天気はあまねく寒く、サトウキビを食べないで、袖は着手してすべて寒くなった感じます.元宵節になって、何年も、立春の季節はすべてその.立春になると,天気が暖かくなり、砂糖黍を食べてから、ずっとサトウキビを食べた.

家は南方北方の受け渡しの地方で、南北の習慣を解け合う,カルシウム、そして、それを補う.広東福建省などの人々はサトウキビの習慣を食べる習慣も多く、東北、河南河北省などにいる人たちは常に雪を見て、私たちは見ています.だから、私は実家の地理的位置にとても誇りに思う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です