経絡「そカルシウムる」でいい顔色が出る

p美白は健康から始めてから.中国医学の経絡の観点から、体の健康状況を反映して、顔の体内の経絡の脈はガスが通じないなら、顔の皮膚は自然くすみ、黄色、色の塊はない.

わからない保養の人に歩み入って、中年以後は顔色を失った若い時の言葉を彩り、名は体を表すのおばあさん.

しみ以外は

顔、はまだ透亮こそ、健康な表現.

p>顔なら<しみを2つのポイント:

、体の健康、特に顔のつぼを開通.

p2、日焼け止めは出来ない.

顔の美白の方法はとても多くて、カルシウム、塗布のスキンケア製品は日焼け止め、塗布美白美容液、美白クリーム、勤敷美白とは、針を美白、美白食べ物以外に、最も高速で、有効で、学び易くて、実用的な方法は、顔面をたたく、刮痧、マッサージ.

Ⅰ、顔のしみ刮痧

顔にろく条陽経、顔全体に刮痧、吹き痛感覚消失で停止.

顔刮痧を前に、顔を洗い、潤いいちつけ物.顔刮痧を前に、顔を洗い、うるおいをつけ物.

2.刮痧板と顔がきゅうじゅう度の角に、そっと強さ瀋下に~3 cm、吹き顔の気骨.刮痧板の強さへ瀋下して、力が浮かんできない.顔に通りください矢印方向参照して吹き.

Pおでこ部位は下から上へ、眉から髪へそる、全体の額部位は3.額の部位は下から上へ、眉から髪を出す際に剃っ、全体の額の部位はすべてそるしなければならない.

頬が鼻を中心に、横を参照して、上から下への内から耳へよんしよ方向参照.頬が鼻を中心に、横を参照して、上から下への内から耳へ方向参照.

人でも刮痧、ここは子宮や卵巢の反射点、刮痧手法と同じご部位が頬を.人の中にも刮痧、ここは子宮や卵巢の反射点、刮痧手法と同じ部位が頬を.

あご同じ横刮痧、あごの間に、鼻の下を中心に、左、右方向刮痧ろく両辺単.あごが同じ横刮痧、あごの間に、鼻の下を中心に、左、右両辺単方向参照.

Ⅱ、顔のマッサージ

経穴

薬指を握りしめ、虎口を開けて、親指指の腹で施力を下へおさえて、力劲道と深くご~6 cmの後、腹力と少し外へ回転して、滯在さん~よんしよ秒後、ゆっくりリラックス力.指の力は完全にリラックスして、再再スタートして、顔面に少し発熱するまで.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です