無題_ カルシウム1111114

どうして、本を開けて、本、手に入れて、昔のいろいろは頭に浮かんで、私は制御できない.昔のトラウマ、依然として私をわずらわしいさせて、甚だしきに至ってはゲームさえもとても投入できない.試験の時だけ、他のものを忘れて、それは全身全霊で投入されている状態になっても.惜しいことに何も真面目に勉強してない、何かを持って来て.だから、試験の過程は、悲しみにならなくても、試験の後は、ずっと前になりました.

私は、もしかすると、憂いとわずらわしいが一種類の習慣になり、私は知らず知らず知らずに落ちぶれるしました.あの憂い、あのわずらわしい、すでに長く長くて、長く私はすべて彼の根源になった.殘留時,カルシウム、逃避、それは逃げない、そこは痛み、痛み、痛み、痛み、麻痺、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み,痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み、痛み,痛み、痛み、痛み、痛み、痛み.可麻痺は永遠の、あの盘盘の水、未来からのように、現実からの強制させ、時には私がはっきりした.そこで私はまた、徐々に麻痺していると、徐々に轮廻になっている.麻痺しているのかもしれない.私はこの状態で生活して、そしてすべて荒廃した.明日の私、今日にも苦しめられている.これで、生は何の歓がありますか?しかし、私は極端な、私は生命が1種の状態だと感じて、私は変えて変えないで、私は自分の憂いを変えることができないことを変えることができます.あのあなたはどうして生きている問題、私の回答は:生きているため、生きているため.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です