天山のカルシウム足元

私はなんと希望自分はまだ社会に汚染の少女だらけに未来に対してすばらしいあこがれ、

簡単な生活は天山の足もとに静かな村に住んで、

は簡単に生活します

静かな夏の夕暮れ、私が2人を連れて行って澄んだ水の弟、私が自由に自分を遠くの雪山、任せて思う、

ではしゃぐものと私の心の中静かで歓楽かちん……

ポプラの木は洒脱に仰向けて頭を仰向けて、1枚の木の葉はすべて風に執着して、<ば/ p>靑空靑空靑空靑空靑空靑空は、より靑、白、美しく、美しいと壮観です!

昔、一度叔父さんの家に帰ってからかちん私に描いた以上の景色や一つの不思議なことに,カルシウム、

は、このように美しい天山の足もとには、市には、いくつかの国,すべての年齢、その年齢、すべての山に住んでいる、毎年、山に住んでいる、

は、すべての年齢、毎年、山に住んでいる.あなたは私と同じように好奇心を持っていて,

今まで、私はすべて探究したいと思って!彼らはどうやって無我生活をしているかを見に行きましょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です