朝かカルシウムら運動して健康に加点

私は健康な体は私たち毎日生活、仕事、勉強の基礎として、いかなる事の第一.健康には楽観的な生活態度が必要で、同時に健康も私達の毎日良好な生活習慣から来ます.ここにあなたのベストいくつか知識、健康保健養生コツ、助あなた、より科学的に自分の体の健康を整えて、楽しく過ごしたい!

仕事が忙しくて、時間がないから、時間がないんだ..運動は確かに時間がかかり、しかし心さえあれば、細分化する.今日は数分の計時の健康法を紹介します、あなたも個人的に選択して、自分のフィットネスに適している組み合わせを見つけることができます.時間が足りないと口実にしないで、これらの運動はあなたのいくら時間を占められません.

晨起前のはち分
中年人の体の機能は下り坂路を歩き始め、日常は自己保健を強化することが重要です.時間にゆとりが足りない場合は、朝からの時間を十分に利用できる時間を十分に利用できる.

1分くらいは両手の指で前額の勺に前額て、順番にとかして、頭の血液循環を強めて.脳血管の疾病を予防することができて、さらに髪髪.

p>軽くこすっ耳介<1分を両手で、軽くこすっぐらい耳介から発熱、このようにして疎通を経絡、特に耳鳴り、めまい、忘れて予防と治療の効能など症.

pは目を回転させると、目を左に時計回りと逆時計回り、目を覚ますことができる.

叩齿巻舌1分軽く歯、歯と歯ぐきの血行をよくすることを健齿;巻き舌を舌の活動は自由自在、増加感度.

p>親指揉み鼻<1分を両手で親指で揉み鼻、晨起風邪予防による鼻づまり流涕、風邪予防.

1分くらいで、血液には全身に還流し、脳には全身に還流システムで十分な酸素と血を供給し、四肢関節の柔軟性を強めて.

腹提肛1分繰り返し収縮させ、肛門におき、肛門括約筋収縮力を強めることができて、血行を促し、痔の発生を予防する.

を摩土踏まず1分でダブル右足交代を摩足の裏を感じ、足の裏には温かい.漕ぐ摩土踏まず生き経絡、内臓を強くする胃、安心して神などの効果.

p〉〈時は補充<>
エネルギー

機やパソコンの前に長い時間働いて、しばしば眩む、腰背硬直の場合、これは体がリラックスした信号.このベストを手元の仕事をし、下のセットの体操、ご分だけ、あなたの伸びやか体、補充同情.

は全身伸びやか体直立、両足は、広い幅、両手の指に交差する.まず手のひらに下に、長長ダブル>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です