爪と栄養の関わり

火が出てから消防車を呼んでも手遅れ
これまでの成人病1の失敗について、もうすこしふれておきましょう。^^^策では目ざましい成果を上げられたのに、成人病の では、なぜを上げられなかったかというと、話は簡牮です。予防だと〃誤解”してしまったからです。
たしかに結核では、ツベルクリン反応での反応が出たら、BCGというワクチンである程嗅予防できました。また、反 応が出て、結核にかかっていることがわかった5|<ロも、ストレプトマィシンやパスなどきわめて治果の高い薬で§を治すことも できたのです。 爪と栄養の関わり 爪は第二の皮膚と呼ばれています。顔色や肌の調子が悪いのと同じように、爪の色や形などでその人の健康状態がわかるのです。 そもそも、爪は皮膚を守るために、皮膚の一部が硬くなってできたもの。ケラチンというタンパク質が変化したものでつくられています。つまり、丈夫な皮膚を作るのに欠かせない栄養素は、美しい爪を作るためにも欠かせない栄養素でもあるわけです。 とくに爪は、体の一番端にあるので、栄養が十分に行き渡らないことがあります。偏った食生活などで、体に調子の悪いところが出てくると、それが爪にも顕著に現れてきます。